News

Latest News
  • 【メディア情報/新聞】毎日新聞
    2021/06/09
  • 【振替】八神純子 Live 2021「No matter what, I SING 〜Zepp round 2」大阪公演チケット再販売受付スタート!
    2021/06/08
  • 八神純子 Live 2021「No matter what, I SING ~Zepp round 2」5月16日(日) 愛知・Zepp Nagoya振替公演と払い戻しのお知らせ
    2021/05/17
  • 【メディア情報/新聞】毎日新聞
    2021/05/12
  • 【公演延期に関するお知らせ】八神純子 Live 2021「No matter what, I SING 〜Zepp round 2」名古屋公演
    2021/05/09
  • 【イベント】billboard Classics 「八神純子 プレミアム・シンフォニック・コンサート」

    2015年5月28日(木)、初のフルオーケストラ公演を開催!


    いつかこんな日が来たら、と思い続けてきた初めてのフルオーケストラとの共演。
    音の海に包まれて私の歌がどんな歌になるんだろう、、、想像しただけでぞくぞくしてきます。みなさんもわくわくしてください。(八神純子)

    2015年5月、デビュー以来40年余、日本のAORの女王として音楽シーンを彩り続けている八神純子が初のフルオーケストラ公演を開催。その祝祭の場となる日本のクラシック音楽の殿堂、東京文化会館大ホールの舞台には、八神純子の名曲の普遍的な美しいメロディーが流麗なオーケストラサウンドに導かれて誕生する。ドラマティックな八神の歌声が初夏の輝きとともに山下一史率いる名門、日本フィルハーモニー交響楽団の華麗かつ壮大な響きのなかに降り注ぎます。
    「思い出は美しすぎて」、「みずいろの雨」、「Mr.ブルー 〜私の地球〜」、「ポーラスター」、「夜間飛行」、「夢みる頃を過ぎても」、「パープルタウン」、「約束」他をオーケストラ編曲作品として演奏。八神純子の代表作品の数々が新しい生命となって披露されます。